”がん細胞”は、どうしてできるのか?

さまざまな生活要因(習慣、環境)により正常細胞の遺伝子が複数傷つくことで、多くの”がん細胞”は生まれます。

多くの場合”がん細胞”は、下記のプロセスで発生し、増殖していきます。

このように”がん細胞”とは、数個〜10個程度の遺伝子の多重変異により、

をもった細胞といえます。


がん遺伝子検査とは

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べ、画像診断では発見不可能な分子レベルの「微細ながん細胞」の存在リスクを評価し、 がんの超早期診断を可能にします。

また、目に見えない「がんリスク」を顕在化し、「がん予防」、「がん再発防止」のための新たな指標を提供します。


遺伝子検査の目的


検査方法の比較


部位別”がん関連遺伝子”(主要なもの)


遺伝子解析について

採取した血液は以下の工程で解析します。


遺伝子検査技術について

DNAチップ、シーケンサー、リアルタイムPCRなどの最先端機器を各検査に応じて使用し、変異解析やメチル化解析を行います。


検査の流れ